手汗 抑える 方法

手汗を抑える方法と多汗症について確認しましょう
MENU

冷え性で手汗や足汗をかく要因と対策

足汗や手汗をかくのに、足や手が冷えるという方が存在します。
言い換えれば冷え性であるのにも関わらず、足汗や手汗の量が多いという事ですが、
実際のところ足汗や手汗の要因には、自律神経以外にも、冷え性があります。

 

足汗や手汗は厄介なものですが、その要因は多岐に渡っているのです。

 

冷え性で足汗や手汗をかく要因と対策

足汗や手足と冷え性は相反する現象のようにも思えますが、
本能で体温調整機能が働くので、不自然な現象とも言えません。
温度が下がっていた身体が急速に温まると、本能で発汗が起きます。

 

これに対する根源的な対策は、足や手の血行を良化する事であり、
そのためには足湯に入るのが有効です。

 

温泉で足湯に浸かり足元が温まると身体中が温まり、血行が促進される事を
体験された方も大勢いるでしょう。

 

家での足湯では、アロマを加えるとリラックス作用が上昇するので、
緊張やストレスからくる足汗や手汗を抑えてくれます。

 

入浴の際の足汗や手汗対策

入浴の際は洗面器に冷水を準備しておいて、浴槽で身体中が温まったら、
その冷水で足や手を冷やします。
そしてもう一度浴槽で身体中を温めて、再び冷水で足や手を冷やします。

 

これを何回か続ける事で、足や手の先端まで血流が促進されます。
この手段はかなり有効です。

 

足汗や手汗が冷えると、より悪くなる

足汗や手汗が出たまま放置しておくと、汗が乾く際に体温を奪い取っていきます。
そうなると足や手の先端の冷えが進んでしまいます。
これを避けるには、足汗や手汗を早急に拭いて、制汗剤で汗を抑制する事が重要です。

 

普通に出回っている制汗剤でも有効なので、
上手く使えば1日中手足の発汗を抑える事も可能です。

 

手汗を抑えるにはやはり何よりも身体中の血行を促進する事が重要です。

 

このページの先頭へ