手汗 抑える 方法

手汗を抑える方法と多汗症について確認しましょう
MENU

手汗抑制のための手術とは

ハンカチで拭く、こまめに手洗いをする。
軽度の手汗だとこれだけで、特に問題ないでしょう。
ですが、ひどい手汗だとそういうわけにはいかないですね。

 

手汗の原因が自律神経だと診断されて、転職しなければいけない、
色々と薬品を試す、ストレス軽減を実行してみた…様々な努力を
したものの、効果が出てこないという場合には、
最先端治療である、胸腔鏡下交感神経節遮断術という治療法があります。

 

名称は難しいですが、交感神経を切る手術なのです。

 

 

手汗完全ストップの手術

脳から発汗を促進するシグナルが交感神経へ伝わる→シグナルが汗腺に伝わる、
これで手汗が起きます。
胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS手術)を行い、手汗を起こす神経を
切る事で、ほぼ100%発汗を止めることが出来ます。

 

この手術は、わきの下の肌を少し切り開き、胸腔の中に二酸化炭素ガスを送ります。
ガスの圧力で、肺を僅かに移動させ、肺が動いたことで空いたスペースに、
電気メス付の内視鏡を入れます。
モニターを見ながら交感神経を切るというものです。

 

交感神経は左右どちらにもあるので、両方に施すことで、
手汗を完全にストップさせるのです。
術後、手汗だけでなく額やわきの下の汗までも減ってくれます。

 

 

副作用に気をつける

胸腔鏡下交感神経節遮断術を行うと、副作用として、
代償性発汗が起こりやすいそうです。

 

代償性発汗とは

・太もも
・お尻
・お腹
・背中
・胸

上記の部位に発汗量が増えてしまうというものです。

 

手汗を止めようと、手術をしたものの、上記のような副作用で
他の部位の発汗で悩んでしまうということが起こる可能性があります。
手術を望む前にこのようなことを十分考慮し、決断することが必要です。
脇汗 対策

 

このページの先頭へ